育毛剤からカツラまで 薄毛対策室
育毛剤からカツラまで 薄毛対策室
育毛剤からカツラまで 薄毛対策室 > 効果を上げる育毛剤の使い方

効果を上げる育毛剤の使い方

育毛剤は、パッケージに記載されている使用方法を守ることにより、効果を発揮すると想定しています。
しかし、もっと効果を実感したいと言う方は、他にも育毛剤の効果を上げる使い方をするのがお勧めです。

育毛剤の効果を上げる方法として推奨されるのは、頭皮マッサージでしょう。
頭皮への浸透を促すことや血行促進をすることで、育毛剤が効果を発揮しやすいコンディションに整えることができるからです。
ただ、育毛剤の浸透を促すためと言って、頭皮に過剰な刺激を与えるのはお勧めできません。
ブラシでパッティングすると育毛しやすいと言われてきましたが、使用するブラシの素材やパッティングの力加減を誤ると、ダメージが蓄積して薄毛が進む可能性があると言われるようになりました。

また、育毛剤を使用する前に必須と言われるのが、正しいシャンプーの方法です。
毛穴詰まりがあると育毛剤が効果を発揮しにくいですし、滞りがちな頭皮の新陳代謝を促進して、ヘアサイクルを改善するのに最適だからだと言われています。
お湯で洗うことにより、頭皮を温めることができるのもシャンプーのメリットです。

さらにシャンプー選びも重要で、スッキリと洗い上げたい方は泡立ちの良いシャンプーを選ぶ傾向があります。
泡立ちが良ければ洗浄力が高いと言うわけではありませんし、安価なシャンプーで泡立ちが良い場合は合成界面活性剤を使用している可能性があります。
合成界面活性剤は、食器洗剤のように油分を分解して流すので、頭皮を守っている皮脂まで失われると言われています。
しかも、皮脂は失っても毛穴の汚れは残っている状態になりやすいので、育毛剤が効果を発揮しやすい環境づくりには適していないでしょう。
洗浄力が弱いシャンプーでも丁寧に洗うことで、必要な皮脂は残しながら清潔な状態になるので、シャンプーの選び方と正しい洗い方は、育毛剤の効果を高めるための基本ステップだと考えて構いません。

育毛剤の効果を高めると一般的に紹介されている2つの方法も、その理由がわかると納得した上で実践できるようになります。
乾燥したダメージ頭皮は、回復することが最優先となり、ヘアサイクルの改善や発毛が後回しになるとも言われているので、健やかな頭皮づくりをしながら育毛剤を使用するのがお勧めの方法です。
厳選した成分を配合した育毛剤は、このようにサポート・テクニックがあれば効果の実感レベルが格段に上がるのではないでしょうか。