育毛剤からカツラまで 薄毛対策室
育毛剤からカツラまで 薄毛対策室
育毛剤からカツラまで 薄毛対策室 > カツラの相場は高くない

カツラの相場は高くない

初めて薄毛の悩み対策にカツラを購入しようと思っている方は、どのくらいの価格が相場なのかがわからないでしょう。
そこで、カツラのタイプに分けた相場をご紹介します。

フルウィッグと呼ばれ、すっぽり被るカツラを100%人毛で手植えにし、カットやカラーなど細かいところにまでこだわると100万円を超える場合もあると言われています。
しかし、誰もが利用できるカツラではないため、もっと低価格で購入できるカツラも増えています。
多くの方は不安に感じるほど、カツラの相場は高くないことがわかります。

医療用品としての認可を厚生労働省からまだ受けていない医療用ウィッグでも、14~18万円程度で購入できるようになりました。
オーダーではなく既製品のカツラを選ぶと、フルウィッグでも4~10万円程度で品質の良い商品が選べます。
少しグレードアップしたフルウィッグにしたいならセミオーダーで注文することができ、14~16万円程度が相場になっています。
ここまではショートスタイルのフルウィッグなので、髪の長さによってさらに価格は高くなると考えて構いません。

男性からのニーズが高い部分カツラの価格帯は、大きさにもよりますが5~20万円程度の価格帯となっています。
素材や毛の植え方など細部にこだわりがあるほど、追加オプション料金がかかる可能性がありますので、予算に合わせた作り方もできるでしょう。

主なカツラの相場をご紹介しましたが、販売メーカーが大手企業なのか中小企業なのかでも価格に変化があります。
大手企業は広告宣伝費があまり必要ないので、コストが少ない分を価格に転嫁して低価格のカツラを販売しています。
カットやスタイリングなどを、無料サービスとして提供できるだけの資金力があるのも魅力的でしょう。
一方、中小企業では広告宣伝費などのコストが掛かるため、商品代金に転嫁すると値段の高いカツラになる傾向があります。

カットやスタイリング、カラーリングでも追加のオプション料金を設定しなくてはいけないメーカーもあります。
購入を検討するなら、カツラの値段を把握することも大切ですし、使用するにあたって必要な付属品やサービスの負担がどの程度なのかを確認することが必要です。
カツラをきれいな状態で使い続けるには、メーカーの定期メンテナンスをできるだけ低価格で利用できた方が便利です。
また、万が一、修理が必要な破損が起こった場合の修理費用も合わせて確認しておくと、購入後のコストを削減できるでしょう。
カツラを使う上で必要になる維持費用も計算したうえで、予算内の希望に合うカツラを選んで下さい。